Marry Me? ~29~ 

「で、おまえはどうなんだ?」

「え?わたし?」

道明寺は顎をしゃくって見せた。
つくしがその先を見ると、それはつくしの左手。

「指輪してねぇし、港で話してた男以来ずっといないのか?」

つくしは、指輪が不在の左手に視線を落とした。

港へ行く前に指輪を外していたのだ。
外したのは司と決別する儀式をする為。
司の事を今も愛している牧野つくしとして行きたかったから、他の人から贈られた指輪を嵌めて行きたくなかったのだ。

外している事で、どうやら司はつくしの事をフリーだと勘違いしている。だったらこのまま黙っておこう。
今夜だけ、今夜だけでいいからこのまま夢を見させて。



「あー、付き合った人は何人かいたけどね…」

いたのかよ…。俺はなぜか心が痛んだ。
そりゃ普通に考えたらいるだろ。って思うのに、なんなんだろな、この痛みは

「けどなんだ?」

「付き合ってはみたよ。その方が忘れられるかなとも思ったしね。」

「でも…ダメだった。どんだけあたしの心に住みつき続けんのよって感じ。あいつ、すっごい執念深い男だったんだけど、あたしも十分負けてないみたい…フフフウウゥゥグスンゥゥー」

私は隣に座りじっと私を見つめる道明寺の視線を感じながら、なぜか涙が溢れてきた。


「笑って、笑い話にしたいのに…おかしいなぁ…どうして涙が出ちゃうんだろ」

手の甲でハラハラと流れ落ちる涙を拭っていると、ギュッと道明寺に両手首を掴まれた。


「無理して笑うな。心がさ、泣きたいって言ってんだよ。素直に泣かせてやれよ?」

そう言われ、私の涙腺は決壊した。

私だけに見せてくれてた優しい眼差し、甘い声、昔の道明寺が戻ってきたみたい

もう何がなんだか

なぜこんなに涙が出るのか





俺は無意識にこいつの後頭部に右手を回すと、俺の胸に引き寄せて抱きしめていた。

なぜだろう。

こんな事初めてした。

女なんて媚ばっか売ってくる生き物だから、女の涙なんて見ても何とも思ったことなかったってのに、只こいつの泣き顔を見てられなかった。

俺の胸で泣き続けるこの女を俺は、このままこうして閉じ込めておきたい。






スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/18 (Sun) 01:09 | REPLY |   

きぃ  

祝1500拍手!

初めまして。

お!1500拍手目ですか!!すごい!そして、ありがとうございました。

これからも拍手を頂けるようなお話を妄想していきたいとう思いますので、応援宜しくお願い致します。

2017/06/18 (Sun) 23:00 | REPLY |   

Leave a comment