FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marry Me? ~45~ 

「いいわけねぇだろー!!」

病室に響き渡る大絶叫に、ソファーで眠っていた西田と隣室に控えていた椿は何事かと目が覚め、慌てて司の元へ駆け寄った。

「司!」

「司様!」

そこには、この6日間眠り続けていた司が汗をグッショリとかき、息を荒くして起き上がっていた。

「ハァーハァーハァー」

「司…あんた…やっと起きたの!?」

ゆっくりと椿と西田の方を向いた。

二人は司を見て違和感を覚えた。いつもと何かが違う…。

一体何が違うというのだろう…?

司も疑問に思った。

なぜここに姉の椿がいるのか?

なぜこの二人が慌てて駆け寄って来たのか?

そもそもここはどこだ?

周囲を見渡すと、邸でもホテルでもなく、薬品の臭いと医療機器があることから病院だろうと察しがついた。



長い眠りで覚醒しきれていなかったが、やがて脳へ、全身へと血が通い、今はっきりと目覚めたのだ。

17年という長い眠りから、道明寺司の大事な一部が…

それは、彼の一部だが、彼にとっては一部などではなかった。

たったその一部を失った事によって一変したのだから、間違いなく全てだったのだろう。

失った彼はその事に気付く事すらできなかった。そのまま17年という歳月が過ぎ去っていたのだ。


思い出した記憶の中の彼女は、黒髪に幼さの残る風貌だった。

それが、17年ぶりに再会した彼女は洗練され、茶髪にメイクをしてすっかり大人の女性へと変化していた。

幼虫が美しい蝶へと進化を遂げたようだった。その過程の蛹の期間、色々な事があったのだろう。

あいつの事だから、逞しく生きてきたんだろうな…

そこに俺が関われなかったのかよ…

過ぎ去った過去はどうにも出来ない。

しかし、悔やまれてならないのだ。

「クソー!!」

拳を振り上げドンドンと自身の膝を叩いた。

何度も、何度も振り落として苛立ちをぶつけた。

司の目からはいつの間にか涙が流れ出ていた。


じっとその様子を眺めていた椿と西田。

二人は司が記憶を取り戻した事を悟った。

倒れた時から、そんな予感はあった。

ずっと傍で見守ってきたからこそ二人は心が痛んでいた。

椿はぎゅっと司の腕を掴み、司を落ち着かせようと必死に掴んだ。

「司!やめて!!」

次いで西田も椿に加勢した。椿一人で司の腕力に敵うわけもないのだから。

「司様、お止め下さい!」

二人の必死の訴えに、漸く我を取り戻した司。


すると、倒れた時の事を思い出した。

そうだ、確か俺はジェットの中であいつの資料を見ていた。

んで…あいつ…!

司の顔つきがみるみる険しくなる。

自身にとって、とんでもない事を思い出したのだ。

一体俺はどれだけ眠っていたんだ?

先程までみていた夢が正夢だったら…

心臓が締め付けられるようだ。警笛のようにドクドクと感じる。それは嫌な胸騒ぎのような気がした…

「今日は何日だ!?」

珍しく司の慌てぶりに西田も慌てて答えた。

その答えに、司は頭部を鈍器で一発殴られたかのような衝撃を覚えた。

今日じゃねぇかよ…

司の様子から、西田は司が何を気にしているのか察しがついた。

しかし、残念ですがもうタイムリミットかもしれません。

言うべきか?言わざるべきか?

「大至急日本へ戻っぞ。」

行ったところで無駄に終わるかもしれないのですよ?

西田は意を決して伝えることにした。

「もしかしたら…

言いかけた言葉を司が遮った。

「言うな!」

「おまえの言いたいことは解ってる。それでも俺は行く。」

決意に満ちたその瞳には、しっかりと生気が溢れていた。

ロボットのようだった男に再び命が吹き込まれたのだ。

「かしこまりました。」

今の司様を誰が止められるでしょう…

直後、西田は方々へ連絡を取り45分後に香港を発ち日本へ向かう事になった。

今すぐ空港へ向かわねば間に合わない。

6日間もお風呂にもシャワーすら浴びていない自身の体に不快感を感じつつも、そんなのはジェットですればいい事だと納得させた。

「ねぇちゃん、Thank youな」

司はローブを羽織り駆け出した。

西田は慌てて大事そうに、ある物を西田のコートで包んだ。

それを見つめる椿はおかしくて笑った。

「クスクスッ…頼んだわよ。」

「最善を尽くします。」

西田は椿に向かって一礼すると、大きなそれを横に抱えて司の後を追った。




☆☆☆☆☆☆☆

当初香港設定にしていたのですが、途中シンガポールと勘違いして投稿していました。
シンガポールだと遠すぎてしまうので、香港が正解です。
気付いたところは修正しておりますが、もしかしたらシンガポールのままの部分があるかもしれません。
気付いた方は御一報頂けたら幸いです。

では、次もがんばるぞー!!


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。