FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたがいたら ~24~ 

総帥から、道明寺のお母さんが帰ってきてあたしに会いたがっていると言われた時は、反対されるのだろうと思った。
でも、それならきっと総帥は会わせようとはせず匿ってくれるだろうと直ぐに思い直した。
流石の魔女も総帥の決定事項にNOとは言えないからやむなくってとこなのだろうか?それなら会いたい理由は文句だけは言っておきたいってとこなのだろうか?
間違いなく快くは思っていないだろうし……
例えどんなに罵倒されても仕方ないもんね。
結婚していないにも関わらず、しかも高校生の身で妊娠するような行為をして身籠り、産もうとしているのだから、母親としてはおもしろくないだろう。ましてやあれ程執拗に反対し妨害してきた魔女なのだから諸手をあげて喜んでいるという事だけはあり得ないと思う。
ビンタの一発位あるかもしれない…つくしは覚悟して邸に向かい楓と対峙した。


緊張しながら部屋に入ると、尊と楓が隣同士で座り待ち構えていた。

「おはようございます。お久しぶりです。
この度は妊娠してご迷惑をか」

「すまなかったわ。」

つくしが言い終わるより先に、楓に遮られた。
出鼻を挫かれ、かつ耳に入ってきた言葉に耳を疑った。

今なんて言ったの?『すまなかったわ』って聞こえたような……でもまさかね。うん、まっさかぁだよ!あの魔女の辞書にすまないなんてあるわけないもん。

つくしが想いに耽っていると、クスクスと笑いを堪える音が漏れ始め、次第にそれは我慢しきれなくなったのか、高らかな笑い声となった。

ハッハッハッハ……

一体なぜこの場面で総帥は笑えるのかとつくしは不思議に思った。更に不思議に思ったのは、楓の眉はつり上がり、明らかに不機嫌だった。

楓はキョトンとした表情で、なぜ笑われているか気づかないつくしと、愛する妻が魔女呼ばわりされたというのに笑い転げている夫に溜め息を禁じ得ない……。

ハァーっと深く溜め息をつくと、楓は尊の腕を掴みキッと睨み付けた。
しかし、その目は巷で恐れられているような目ではなく、つくしにはどこか可愛らしく見えた。

「いつまで笑ってらっしゃるの!」

「悪かったよ。でも笑っちゃうよ。さすがにつくしはおまえに啖呵を切った事があるだけあるな。」

「牧野さん、あなた母親になろうとしているなら、思った事を口にするのは直さなければダメよ。」

「母親に?」

「なるのでしょ?相変わらず鈍いわね。
全て主人から聞きました。あなたにしてしまった息子の仕打ち、母親として謝るわ。」

あの日の出来事が脳裏に甦り涙が込み上げてくる。…愛した人とよく似た二人に見つめられ、つくしの涙腺は決壊寸前だ。
涙がこぼれないよう指で拭おうとしたところ、目の前に真っ白なレースのハンカチが差し出された。

「お使いになって。」

「ありがとうございます。」

受け取ったそのハンカチからは、ほのかに魔女の香りがした。彼女らしい気品高いローズの香り。
そっと涙を拭い二人に再び視線を向けると……
二人は穏やかに微笑んでいた。

あぁ、この二人もこんな表情をするのかとつくしは驚いたが、先程から楓が時折可愛らしく見えるのは、尊がいるからなのだと気がついた。

なんて冷たい人だと思った事もあった。
でも不器用なあまり愛情をうまく表現出来ない人なのだとあの事件で知った。
改めて心底冷徹な人ではなかったのだと感じてつくしの心は暖かくなった。

椿さんがあんなに素敵な女性なのがわかった気がした。
きっと幼少期だけといえど、この両親からの愛情をいっぱい注がれたのだろうと…
同時に、道明寺にもこの両親からの愛情が注がれていたらと、つくしは司を不憫に思った…。

『なぜ司にも愛情を注いでくれなかったんですか?』そう口走りそうになった。
しかし、尊がつくしと胎内の赤ちゃんを受け入れてくれたのは、その後悔から来ているとつくしは既に聞いていた。そして、きっと楓も同じ気持ちなのだろうと…そう思うと既に悔いて前に進もうとしている二人を責める事など出来なかった。


それから三人で、他愛もない事を話した。
つくしと楓は昔の事など感じさせない程親しくなるのにそう時間はかからなかった。

語学やマナーのアドバイスをしてくれたり、厳しくあるけれど、以前は感じなかった愛情を、つくしは確かに感じていた。






***

いつもはキリッとハンサムな女性なのに、好きな男性の前では甘える可愛らしい一面を持つ女性。このお話の楓さんはそんな設定になっています。






にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。