あなたがいたら ~11~ 

俺が目を覚ますと、あたりはすっかり暗くなっていて、あれから数時間が経過したんだと言う事は時計を見ずとも分かった。
そして、邸ではあるがあの部屋ではなく、俺が最近使用している東の角部屋へ移動されていたとわかった。
寝返りを打って、サイドテーブルの照明をつけると、俺はゆっくりと起き上がりテーブルに置かれている水を注いで口に流して喉を潤した。
ゴクゴクと俺の喉を通り、全身に染み渡るように、俺の脳が覚醒していった。

すると、心臓がギュッと痛みをあげ、なんともいえない不快感に襲われた。

なんなんだこの気持ちは…

俺は勢いをつけて部屋の内線をとると、

「あのおかっぱ女はどこへ行った!?」

この気持ちの根源はあの女だろうと、女の行方を使用人に聞いた。

「坊ちゃん、そのような女性は存じ上げません。」

声から震えているのがわかるが、驚いた事にこの受話器の向こうの使用人は俺に盾をついた。

「てめぇ!舐めた口きいてんじゃねぇぞ。タマを寄こせ!」

更に語気を強めて脅してみたが、

「タマ先輩は只今外出されてらっしゃいます。」

変わらず声を震わせながらも口を割る事はなかった。
雇い主の俺よりもタマの命令を聞くとはイイ度胸だな…クックック…

俺は荒々しくシャワーを浴び、着替えて身支度を整えると携帯電話を手に取りある人物へ掛けた。

「俺だ。今どこにいる?」

「あぁ。今から行くわ。」

約束を取り付けると、俺はタマのいない隙に外出する事にした。

使用人たちは怯えてんのか誰一人として見送りに現れなかった。だが、俺にはかえって好都合だった。

数十分後、目的地の青山のクラブの前に車は到着した。
ドアを開けて店内に入ると、待ち合わせの人物たちはすぐに目についた。

「司!」

総二郎とあきらは尻の軽そうな女たちと飲んでいた。
俺の登場を見やると、あきらは女たちに申し訳なさそうに話し出した。

「ごめんねぇ。後は男だけで飲むからさ、外してくれる?」

「えぇ~?ヤダァ。」
「男だけより。あたしたちと飲んだほうが楽しいでしょぉ?」

猫なで声であきらと総二郎に甘えたように話しかけている女たちに嫌悪感を覚えながらも、今感じるこのからっぽな気持ちを解消するには好都合だと思い、

「あぁ、いいぜ。」

俺の言葉に二人は驚いた様子だった。

「どうしたんだよ?」

「なんか悪いもんでも食ったのか?おまえが女と飲むなんていつ以来だ?」

「んあ?なんだっていいだろ?俺もそろそろ女と遊んでいかねぇとと思っただけだ。」

あきらは何か言いたげな表情だったが、総二郎は場の空気を察して女たちを再び抱き寄せると奥のVIPルームへ向かって歩き始めた。

VIPルームでは、俺たち3人に、女たちが3人で飲み始め、いつの間にか総二郎もあきらもイイ雰囲気ってやつになったのかキスをし始めた。
俺もその雰囲気に合わせて、女からの求めに応じてキスをした。

スッゲー気持ち悪い。だが、こんくらい中坊の頃は憶えてねぇくらいしてた。

たかがキスじゃねぇか。

俺が知りてぇのは、この先の事だ。

俺は女の耳にこう囁いた。

「この後どうするんだ?」

女はほんのり頬を赤らめて、

「この後?どうしたいの?」

かまととぶってんじゃねぇよ。

「俺に抱かれたいのか?」

「うん…」

俺は立ち上がると、総二郎とあきらに向かって

「俺行くわ。」

と、伝えた。
この時には、あいつらも俺がこの後何をするのか想像がついたんだろう、あいさつ代わりに手を挙げるだけで何も言わなかった。



にほんブログ村
スポンサーサイト

10 Comments

じゅんこ  

こんばんは(T-T)💦

ギャーーーーー😱司がーーー潔癖司がーーーーー!!!!
一番やっかいなやつになっちゃうよぉぉぉ(ToT)💦
たーいーへーんーだぁーーー( ̄□ ̄;)!!
頑張れ私!!(笑)
耐えるんだ私!!(笑)

更新ありがとうございました(T-T)💦

2017/06/19 (Mon) 21:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/19 (Mon) 23:32 | REPLY |   

まろん  

続きが読めて嬉しいです( *´艸`)この先も楽しみです。がんばっ下さい!応援してます\(^-^)/

2017/06/20 (Tue) 14:16 | REPLY |   

きぃ  

こんにちは。

司がF3と喧嘩した時に、激しく女遊びしている事が話題に出ているので、現在そこにつながる部分を書いています。
最後はハッピーエンドですし、耐えて下さい!(笑)
それと、ただ遊んでいるわけではなくてこれにも意味があるのです。
何事も意味があるのですよね…。(ΦωΦ)フフフ…

2017/06/20 (Tue) 16:32 | REPLY |   

きぃ  

これからの坊ちゃんを例えるならですか?…ん…乾いて干からび、オアシスを求めて彷徨って、迷子になる。ですかね?

このラストは定番の、オアシスで平和に暮らすですかね。

もしかしたら、私のおはなしもあからさまなやっちゃったお話かもしれませんがあたたかく見守って頂けたら幸いです。

2017/06/20 (Tue) 16:44 | REPLY |   

きぃ  

更新を喜んで頂けて私も嬉しいです。
応援ありがとうございます。頑張りますよ!!

2017/06/20 (Tue) 16:45 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 21:04 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/20 (Tue) 21:07 | REPLY |   

きぃ  

Re: 大丈夫でーす

〇研究員さん

ありがとうございます。
それから、返信に宛名を書いてほしいという件ですが、御指摘頂くまで気づきませんでした。確かに返事の内容によってはどなた宛かわからないですよね。

2017/06/20 (Tue) 23:58 | REPLY |   

きぃ  

ず〇だ様

更新を喜んで頂けて嬉しいです。
さて、鋭いよみですねぇ。ただ、司にとっては確認行動ではなく結果的にということなんですが……伝えたいことが伝わればいいのですが。これ以上はネタバレになりますので、更新をお待ちください!

2017/06/21 (Wed) 00:04 | REPLY |   

Leave a comment