Archive: 2017年06月  1/2

キャッチコピーの途中経過報告

No image

こんばんは。現在私のブログで行っている、F4のキャッチコピー投票の途中経過を御報告致します。6月25日22時現在道明寺司 211票花沢類 136票西門総二郎 125票美作あきら 123票4人トータルの投票数は、なんと585票です!御協力下さった585名の方ありがとうございました。投票も、残りラスト26時間を切りました。どれが1位になってもおかしくない素敵なキャッチコピーの数々です。ドキドキしながら結果を見守りたいと思います...

  •  0
  •  -

キャッチコピー 最終投票!!

No image

F4それぞれの素敵なセックスをイメージするキャッチコピー案を下さった方々に、まずお礼申し上げます。この中から選ぶなんて、私にはできそうにない為、公平にする為にも、頂いた案を更に投票させて頂きたいと思います。下記にそれぞれの投票フォームがありますので、よーく吟味して1票に御協力頂けたら幸いです。期間は26日月曜終日までです。短い期間となりますが、よろしくお願い致します。道明寺 司 FC2投票 無料アクセ...

  •  2
  •  -

恋説 ~6~

No image

俺は女の社員名簿を見ながら、あの時の事を思い出していた。あれは一人目の秘書の鎌田が吹聴した噂を聞いた直後だった。社員たちが面白おかしく俺の事を噂してやがった。「なにがヤリ〇ンだよ!」俺は怒りのあまり、行き場のない怒りを自動販売機横にあったゴミ箱にぶつけた。ガンッ!ドン!カランカラン…ゴミ箱は凹み、倒れた拍子に中に捨てられていた空き缶があたりに散乱した。飲み残しのコーヒーやらジュースなんかもこぼれ、...

  •  3
  •  -

キャッチコピーの件

No image

こんばんは。F4のキャッチコピーを募集させて頂いておりますが、とてもうれしい事に現在30個のステキなキャッチコピーを頂いております。どれも素敵で、私一人でニマニマ喜ばせて頂いておりましたが、さすがに独り占めしているのは勿体ないですし申し訳ないなと思い公開させて頂く事にしました。そして公開に踏み切ったのは他にも理由があります。私にはどれかを選ぶなんてできそうにありません。予想していた以上にどれも素敵なん...

  •  0
  •  -

恋説 ~5~

No image

パーティー会場は既に大勢の招待客で賑わっていた。そんな中、俺が牧野をエスコートして現れると、一気に会場中の視線が俺たちに向けられた。遠巻きにざわつき始めたのがわかった。そりゃそうだよな。…俺がお袋とねぇちゃん以外の女をエスコートして現れたのは、なんてったって初めてなんだからな。高校を卒業と同時にNYへ渡り、五年間あっちでビジネスと学業の二足の草鞋を履いてきた俺。当然のようにパーティでエスコートを頼ま...

  •  0
  •  -

恋説 ~4~

No image

エレベーターに乗り込むと、俺は斜め前に立つ牧野を改めて盗み見た。普段のこいつは一言でいうと“地味”カラーリングした事もパーマした事もないんだろう髪はキューティクルで天使の輪がある。俺には一生縁のねぇもんだな。って、天使って柄じゃねぇし羨ましくもねぇけどな。その髪の毛をひとまとめにアップにしていてうなじが見えるが、そこからは色気なんてこれっぽっちも出てねえ。メイクもたまにしてねぇんじゃねぇか?って見間...

  •  4
  •  -

急募!F4それぞれのキャッチコピー

No image

  •  -
  •  -

恋説 ~3~

No image

専務のぶっきらぼうだけど、優しいところに触れて、あたしの専務に対する評価がちょっとだけアップした。ほんのちょこっとだけだけどね……クスクス。エレベーターを降り、待機していたリムジンに乗り込むと専務とともにメイプルへ向かった。そして、到着すると専務とあたしは着替える為に部屋へ入った。なんとそこにはあたしの分のドレスも用意されていたのだ。これまでも西田室長とともにパーティーに同行した事は何度かあるけれど...

  •  0
  •  -

恋説 ~2~

No image

私が専務の第二秘書となって一か月が過ぎた頃、恐れていた事は突然起きた。今日はこの後パーティがある。いつもなら西田室長が同行するのだが、今日は私がその役目を命じられた。「牧野、今日のパーティーの後はメイプルに泊まっから、部屋とっておけ。」「へっへっ部屋ですか!?」こいつ何テンパってんだ?司はつくしのそんな反応等気にもとめず、スタスタとその長い脚でエレベーターへ向かって歩き始めた。一人専務室に取り残さ...

  •  2
  •  -

あなたがいたら ~11~

No image

俺が目を覚ますと、あたりはすっかり暗くなっていて、あれから数時間が経過したんだと言う事は時計を見ずとも分かった。そして、邸ではあるがあの部屋ではなく、俺が最近使用している東の角部屋へ移動されていたとわかった。寝返りを打って、サイドテーブルの照明をつけると、俺はゆっくりと起き上がりテーブルに置かれている水を注いで口に流して喉を潤した。ゴクゴクと俺の喉を通り、全身に染み渡るように、俺の脳が覚醒していっ...

  •  10
  •  -