Archive: 2017年02月  1/2

Marry Me? ~33~

いい匂いあったかいなぁ何かに包まれているような安心感こんなに目覚めのいい朝はこれまであったかな?つくしが目を覚ますと、そこは道明寺の腕の中だった。長いまつ毛に覆われた目はしっかりと閉じられたまま、起きる気配がない。昔もきれいな顔の男だと思ったけど、あどけなさがなくなり、よりシャープに磨き上げられた顔は彫刻のように美しかった。しっかりと目に焼き付けなくっちゃ。つくしは司を起こさないようそっと唇にキス...

  •  0
  •  0

Marry Me? ~32~

『私も』って言いかけた…横向きに司の方を向いていた頭を司の胸元に埋めしがみついた。表情を見られたくなかったのだ。…つくしはギュッと痛みを感じる心臓を掴むように抑えた。ここにいる17歳の牧野つくしは、『その忘れられた女の子はあたしだよ』『思い出して!なかった事にされたままなんてイヤ』って言ってる。そうだったよね。私はあの時一生分の恋をした。それは紛れもなく私にとってもあんたにとってもかけがえのない宝物...

  •  0
  •  0

Marry Me? ~31~

「おまえも初めてだったんだな…」「…え!?」私は驚いて横になったまま道明寺の方を向いた。それに気が付いた道明寺も又、仰向けに天井を仰いでいたのに私の方を向いた。「からだ、大丈夫か?」言葉だけじゃなく、あんたの瞳から本当に心配してるって伝わってくるよ…。「んん…なんか変な感じがするけど」「けど、なんだ?」「すごく…幸せだった…」それまでどんな反応をされるか心配だった俺は、そう言いながらやさしく微笑んだ牧野...

  •  0
  •  0

Marry Me? ~30~

私は道明寺に抱きしめられながら、彼の胸にしがみついて泣き続けた。温かく大きな手が私の背中を優しく優しく撫でさすってくれている。なんだろうこの気持ちは…こんなにもドキドキするのにこんなにもほっとするずっとこのままこの胸の中に居たい…そう思ったら、もっとこうしていたくて…私も道明寺の腰に腕を回した。俺が牧野の腰に片方の腕を回し、もう片方の腕で背中をさすってやっていると、牧野が俺の腰を抱きしめてきた。ギュ...

  •  0
  •  0

Marry Me? ~29~

「で、おまえはどうなんだ?」「え?わたし?」道明寺は顎をしゃくって見せた。つくしがその先を見ると、それはつくしの左手。「指輪してねぇし、港で話してた男以来ずっといないのか?」つくしは、指輪が不在の左手に視線を落とした。港へ行く前に指輪を外していたのだ。外したのは司と決別する儀式をする為。司の事を今も愛している牧野つくしとして行きたかったから、他の人から贈られた指輪を嵌めて行きたくなかったのだ。外し...

  •  2
  •  0

Marry Me? ~28~

私は道明寺が立ち去った後、鏡の中の自分をじっと見つめながら少しでもかわいく見られたい。そう念じながらメイク直しをした。どんどんと余所行きの顔になっていく自分の顔。最後はお気に入りのDiorのピンクの口紅とグロスを塗ると完成した。「よし。」鏡の中の自分に向かって最上級のスマイルをしてみる。綺麗って思ってくれるかな…俺は酔った牧野の為にコーヒーを淹れている最中に、どうやら牧野は再びバルコニーへ向かったよう...

  •  0
  •  0

“最愛”のその後

先日から3話の短編で公開した“最愛”のあとがきを読んで頂き、続編のあらすじ3案のについて想像以上にたくさんのコメントを頂きありがとうございました。コメント下さった方々には個別にお返事させて頂いていますが、ナイスを押して下さった方、ランキングにご協力下さった方にもこの場でお礼申し上げます。さて、結果からいうと圧倒的に①番の司が既に記憶を取り戻しているけど、誰にも言えずにいる。そしてテレビ越しに男泣きと...

  •  0
  •  0

最愛 ~あとがき~

“最愛”を読んで下さりありがとうございました。何人くらいの方が曲を聴いてくださったのかな?聴きました。とコメントも何件か頂き、聴いた方々は聴いた事でつくしの心情がより伝わりました。というコメントを頂いているので、まだの方は是非聴いて頂きたいです!さて、司は結局どうしたの?と疑問が残ったかと思います。まずこのお話を書くに至った経緯を説明させて下さい。このお話は、私が二次小説を書き始めた当初に思いついた...

  •  0
  •  0

最愛 ~父の面影2~

書類審査、一次、二次、三次と俺は順調に進み、今日はいよいよファイナル審査だ。このファイナル審査はテレビ中継もされて、会場とテレビを見ている一般視聴者の投票で選ばれるという大規模なもので、これまでなんとか誰にもバレてないけど多分今日でバレルだろう。まあ、口うるさいのは母ちゃんだけだし、怒られたって後の祭りだもんな。ファイナリストは全員で10名だった。さすが応募者約5000人の中から選ばれただけあって...

  •  0
  •  0

最愛 ~父の面影1~

自慢じゃねぇけど、俺はモテる。保育園児の頃からバレンタインは必ず食べきれない位のチョコを貰った。 小学生の頃まではチョコが大好きだったからバレンタインが楽しみだった。そう、“だった”過去形なのだ。中学生になると甘いのが苦手になって、食べたくないから要らないってのに登校したら下駄箱や机の中、ロッカーの中まで勝手に入れられてパンパンになっているのは当たり前で、休み時間に呼び出そうとしてくる奴、待ち伏せし...

  •  0
  •  0