Category: 短編  1/2

星に願いを…月に祈りを… のあとがき

No image

昨日、昔読んだ漫画をふと思い出し、うろ覚えのタイトルを検索したところ、数年前に続編が出ている事を知りました。続編の情報を求めて更に検索した結果、そこは私にとってパンドラの箱のようなものでした。読まれた方のレビューがあまりにも想像に反して衝撃で、読んでショックを受けました。なぜなら思い描いていた続編とは全然違っていたからです。前作のラストで結婚式をあげていたので、てっきり幸せな結婚生活のお話だと思っ...

  •  4
  •  -

星に願いを…月に祈りを… 後編 (完)

No image

新しく部屋を借りて、引っ越した。何もない殺風景なこの6畳一間のアパートは、これからの新たな生活への期待よりも、ぽっかりと空いてしまった自分の心のように寂しくて空虚な場所に思えた。家に帰る事が寂しい。こんな事を思うなんてと自らに呆れてしまう。なぜならこの寂しさは部屋のせいなんかじゃなくて、あいつを失った喪失感からくるものだってわかっているから…。そして、その原因は全てあたしにある。道明寺が滋さんと浮...

  •  8
  •  -

星に願いを…月に祈りを… 前編

No image

約束の4年後、道明寺はちゃんとあたしを迎えに帰ってきた。でも、あたしは大学4年生となり交換留学の話が出ていたのだ。とても良いチャンスだったから、あたしはあいつに相談する事なく話をすすめてしまった。漸くこれから一緒にいられるというのに、あの時のあたしは自分の事しか考えていなかった。あいつが反対するのはあいつのわがままであってあたしの為ではないと切り捨てて、自分の意思を押し通してしまった。最後にはあい...

  •  3
  •  -

Kiss cam

俺はウキウキ気分で愛しい女にCALLする。RRR…私は今夜の予定の為、大学が終わると慌てて帰宅してきた。すると、テーブルの上でスマホが鳴りだして、誰かからの着信を伝えている。“着信 司”もー!こんな時に!!この男は昼夜問わず掛けてくる。相手の都合なんてお構いなしなのだ。東京とニューヨークの遠距離恋愛をしていた頃なんて、毎日のように寝不足だった。東京へ戻って来てからも忙しい彼の都合で掛けてくる。それで何度喧嘩...

  •  0
  •  0

つくしのバイト ~私は盗撮犯ではございません!~

あたしがスイミングでのバイトを始めて3回目の出勤日、スクールのスタッフさんから最近スーツ姿で現れる不審者がいると聞いた。 幼児好みの変質者情報を耳にする事も増えた昨今、小さい子供を持つ親は気が抜けない。ここスイミングスクールでは、当然全員が水着になる。だから、例え我が子を撮影するつもりでも、他人の子供が写りこむ可能性があるため、撮影は禁止されていた。なぜならどこでその水着姿の写真が流出するかわから...

  •  0
  •  0